芝生は水やりの時間や回数が命!|正しい手入れで水々しさをキープ

外観

機器の種類によって

機械

多彩にある芝刈り機は、用途によって使用方法がことなります。庭のど真ん中あたりの芝なら、エンジン式のものを使用しましょう。家の敷地や花壇から近くに生えるものはコンセント式かヘッジトリマーを使用して適切な長さにしましょう。

この記事を読む

全国対応の業者

花

手間をかけずに、いつまでもきれいな芝をキープしたいなら、芝刈り専門業者の力を頼りましょう。業界最安値の価格で依頼を受付けるキャンペーンを実施しているのと、数多くの依頼を受付けてきた実績があるので安心できます。

この記事を読む

季節によって回数変更

鎌とはさみ

庭先に芝生を植えこんだら、歩き心地が良い地面になりますね。一足踏み込めば、サクサクとした音がなって独特な気持ちよさを感じます。あるいは、庭先を裸足で歩くのも芝生の柔らかさが癖になって、いつまでも歩き続けたくなるものです。そのため、子供の遊び場としても人気があり、芝生草履というものも販売されている程です。一度芝生を植えこんだら、毎日の手入れを欠かさずにして、いつまでも健全な状態を保っていたいですね。そんな、芝生の手入れでは季節によって、水やりなどの回数を変えなければなりません。

基本的に、芝生への水やりは春と夏によって回数を変えて行なうのが基本です。過ごしやすい、温暖な春の場合だと約4日に1回程で大丈夫です。湿度も特に高くない時期なので、芝生も地面から適度な水分を常に吸い続けられます。逆に水分を与え過ぎると、過剰に吸収しすぎて枯れてしまう危険性もはらんでいるので、水やり回数に気をつけてください。暑い夏場だと、毎日の水やりを徹底してください。暑い日だと、地面に含まれる水分も早急に蒸発するので、芝生は水分不足に陥りやすくなります。雨が降らない限りは、毎日水分を与えつづけましょう。

水やりの時間帯も重要で、強い日光が当たりやすい昼間の時間帯にはなるべく避けておきましょう。何故なら、蒸発して気体となった水は、芝を傷つける可能性があります。日光照射が少ない朝と夕方当たりに適度な水やりをしてください。水やりの方法を充分に注意して適切な手入れを実践しましょう。

家の倒壊を招く木

作業スタッフ

抜根は、一応個人で行なえますが、敷地の広さやどのように倒せば家を傷付けないかを想定する必要があります。難しい場合は、経験豊富なプロの抜根業者に依頼をするのが最適です。実績も有しているので、周辺を傷付けずに済みます。

この記事を読む